文明崩壊と原油高

マヤ文明がどうして滅びたのか?

世界各地には、今の日本よりもすばらしい技術もあって栄えてたのに、その後崩壊してしまった文明があちこちあります。

どうして?って、疑問に思われたことはありませんか?

そんなことを言ってたら、『文明崩壊』を友人から勧められ、この夏に読んでました。

そうしたら、「社会が繁栄すると人口が増える。人口が増えると、農作物の無理な増産やエネルギー消費量の拡大などで環境に過大な負荷が生じる。その結果、食糧・エネルギー不足となり、多すぎる人間が少なすぎる資源を巡って争うなど、共同体内部の衝突が激化する。飢餓・戦争・病気によって人口は減少し、社会は崩壊する」と、ありました。

ふと足元を見ると、原油高によるガソリンはもとより、パンやチーズ、ラーメン、お菓子など、食糧・エネルギー不足で、グルジアやイラク・イランなども資源をめぐる争いのレベルまで来ています。

本には、滅亡を防ぐ5つの方法が書いてあるので、読んでみて。

また、偶然にも、NIKKEI BUSINESSに勝間和代さんが、『思考の転換を図り目の前の事象を捉え直してみよう! 第1回 原油高』で、

『原油高は、私たちに「このままだと危険だよ」と警鐘を鳴らす重要な役割を果たしています。これまでおかしい、おかしいと思っていたことを改めるいいチャンスなのです。ぜひ原油高を奇貨として、「より上手に生きる方法」を見直してみてください。』

そして、具体的に、

『 1. 原油の使いすぎにつながる長時間労働をやめる。
2. 原油を使いすぎない移動習慣に改める。
3. 原油を使いすぎない食習慣に改める。』

を提唱されてます。

ちょっと立ち止まって考えてみません?!

プチ・エコ生活

この春に植えたフルーツトマトが、かなり大きくなってきました〜!わーい(嬉しい顔)

他にも、大豆、獅子唐、モロヘイヤ、明日葉、パセリも植えたんですが、みんなすくすく育ってきてくれて、毎日その成長振りを見るのが楽しみるんるん

私が子供の頃、情操教育にと母が庭になすびやトマト、トウモロコシ、きゅうり、スイカなど植えてくれたのですが、買った方がきれいな形だし、安いということで、そう続かなかったのです。

でも、昨今の偽造や物価上昇、それにフードマイレージのことも考えて、今年の春、色々苗を買ってきたのでした。

夢は自作自農、今年はその手始めです。

近頃芸能人の方も農業やってる方多いですよね。

島田紳介さん、高木美保さん、永島敏行さん、滝田栄さん、高樹沙耶さん、それにこの間スタジオパークに出ていた工藤夕貴さんも、熱く語っておられました。

自給率を高めなておかないと、輸出してくれないとなったら・・・

食いしん坊の私には、そんなの耐えられませ〜ん。もうやだ〜(悲しい顔)

ちょこっとブロッコリースプラウトや貝割れみたいなもを育ててみませんか?

かわいいですよ〜。

でも、食べちゃうのがかわいそうになっちゃうけどね。ふらふら

お出かけ時には、マイボトルやマイ箸、マイレジバッグを持っていくってだけでも、素敵でするんるん

プチ・エコ生活、楽しいです揺れるハート


ミネラルウォーターは水道水より安全?

お水を買うなんて、海外旅行行った時だけだったのに、六甲のおいしい水から始まって、海洋深層水や酸素水を買ってみたりしていますが、今日のNIKKEI BUSINESSにちょっとびっくりして記事が載っていたので、ご紹介しま〜す。
まずは、質問から。

鉛やヒ素の基準値は水道水とミネラルウォーターではどちらが厳しい?

農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」によると、ミネラルウォーター類は「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」「ミネラルウォーター」「ボトルドウォーターまたは飲料水」の4種類に分けられています。「ナチュラルウォーター」および「ナチュラルミネラルウォーター」は特定水源の地下水から採水された水で作られたものをいいますが、「ミネラルウォーター」は複数の水源の水やミネラル・バランスを人工的に調整してもよいことになっています。ただし、すべて加熱またはろ過による殺菌(除菌)を義務づけています。

これに対してヨーロッパ(EU加盟国)ではミネラルウォーターの製造基準が厳しく、殺菌処理を認めていません(殺菌が必要なほどの雑菌を含む水はダメということ)、特にナチュラルミネラルウォーターについては「人体に安全な菌が正常な範囲内で生きており、殺菌やミネラルの添加など人為的な加工をしていないこと」、「水源があらゆる汚染から完全に隔離され、周囲の自然環境がきちんと保護されていること」、「健康に適した水であることが科学的、医学的に証明されていること」などを満たさないと認められません。

もちろん日本産の水にも、水源を厳格に管理し、ミネラルバランスを壊さないように非加熱のフィルター処理をしているものはたくさんあります。

ところで、日本のミネラルウォーターは食品衛生法では清涼飲料水に分類されており、規格基準が定められています。一方、水道水は省令で水質基準が決められています。その基準項目数はミネラルウォーターが18項目であるのに対して水道水はその3倍の50項目にも及んでいます。しかも一般細菌や大腸菌、カドミウム、水銀、鉛、ヒ素、亜鉛、ホウ素などの共通項目を比較すると、基準値が同じものもありますが、鉛やヒ素、亜鉛などは水道水のほうがミネラルウォーターよりも2〜5倍も厳しくなっています(許容される上限値が低い)

だから、ミネラルウォーターが危ないって訳ではないですからね。



ブッシュ米大統領、京都議定書は「悪い政策」

ゴア前大統領のノーベル平和賞受賞で、アメリカも本腰をいれて地球温暖化に取り組んでくれるようになるのでは?って期待してたんですが・・・
今朝の新聞を読んでびっくり!

結局自分の首を絞めることになるのに・・・もうやだ〜(悲しい顔)

ブッシュ米大統領、京都議定書は「悪い政策」

10月16日19時50分配信 産経新聞

 【ワシントン=渡辺浩生】ブッシュ米大統領は15日、アーカンソー州での講演後の質疑応答で、地球温暖化対策をめぐって参加先進国の温室効果ガス削減計画を定めた京都議定書について「悪い政策だと思う」と述べた。京都議定書に定めがない2013年以降の国際的枠組みについても、排出削減の義務化に反対する意向を強調したとみられる。

 温暖化の危機を訴え続けるゴア前米副大統領と国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)へのノーベル平和賞の受賞は、最大の排出国である米国にとっては圧力になるともみられた。しかし、ブッシュ大統領は、自国経済に影響を与える削減義務化には反対するという、京都議定書を離脱したときとほぼ変わらぬ論理を強調。

 「われわれ米国は世界の他の国々とは違う」と述べ、個々の国の経済状況に応じて自主的に削減させるべきという考えを改めて示し、ゴア氏受賞は方向転換への圧力にならないとの姿勢を鮮明にした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071016-00000961-san-int

国益を考えるのは大切だけど、次世代の米国民のことまで考えられないのかな? もうやだ〜(悲しい顔)

それとも、自国を守る強い米国大統領ってポーズなだけなのかな?

そうだといいんだけど・・・

『24』の次回作、温暖化防止をうったえるんですって!

24 TWENTY FOUR』って、カロリーメイトのCMに使われてたからご存知の方も多いと思いますが、大好きなアメリカの人気TVドラマ。

それが、来年1月からアメリカで放映されるシーズン7では、「カーボンニュートラル」を目指すんですって!

いいことですね〜!

先日オーストラリアで開催されたAPECでも、やっとアメリカや中国、オーストラリアも自然災害にあって地球温暖化に本腰をいれようとなってきました。

でも、ついつい喉もと過ぎると便利な生活や企業収益に目がいきがち。

そんな時に、人気番組で毎週温暖化防止をうったえてくれると、思い出させてくれていいはず〜。わーい(嬉しい顔)

米で人気のTV番組「24」がCO2を削減
劇中で温暖化防止を呼びかけ、番組制作過程でも削減

2007年9月12日 馬場 未希

24の第7シーズンでは、省エネと自然エネルギーを活用して、番組制作の過程で排出するCO2を相殺する。

劇中では、CO2削減の重要性を訴えるセリフも使うという。バウアーにふんする俳優、キーファー・サザーランドが、「温暖化防止は阻止できる。視聴者も24の取り組みに参加してほしい」と呼びかけるテレビCMも米国で放映される。