漢方体質による梅雨の過ごし方 A

九州南部が入梅 雨したそうです。

体質にあった過ごし方、始めましょう。

ご自身の体質がわからない場合、前回の漢方体質による梅雨の過ごし方 @を見てねるんるん

ひらめき熱タイプ
からだに熱がこもりやすいので、梅雨時には赤いにきびができたり、下痢やお通じがあってもすっきり感がしない、または、腹痛などの府庁が現れたりします。

そこで、からだを冷やすきゅうり、なす、トマト、スイカ、バナナ、メロン、お豆腐、わかめ、そば、小麦、白砂糖、緑茶といった夏野菜を取りましょう。

また、イライラを暴飲暴食で発散しがちな人は、ペパーミントを使ったアロマなどで上手に気分転換し、食い気に走らないようにしましょう。

ひらめき寒タイプ
下痢やおなかがゴロゴロする、食欲不振、だるい、発熱や悪寒といった風邪っぽい感じがしたりします。

そこで、しょうが、にんにく、唐辛子、にら、香菜、くるみ、マグロ、アジ、えび、黒砂糖、紅茶といったからだを温めて冷えを和らげる食材をとりましょう。

また、スカーフを巻いたり、ヨガやウォーキングなどの有酸素運動、半身浴をしましょう。

ひらめき脾虚タイプ
下痢やむくみ、食欲不振、だるさなどの不調が出やすくなるでしょう。

そこで、山芋、じゃがいも、サツマイモ、大豆、ソラマメ、枝豆、ハトムギ、鶏肉、ライチ、なつめといった胃を丈夫にする食材をとりましょう。

また、甘いものは控え、バランスのいい食事、十分な睡眠、適度な運動を心がけましょう。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。