カラダトレーナー体験談1

前回のカラダトレーナーって知ってる?を読んでもらえば、メタボやダイエットにとってもいいってことがよくわかったと思いますが、どうカラダトレーナーが指示してくれるのか、NIKKEI BUSINESSに載っていた実際に体験談をご紹介しま〜す。

「スタートボタンを押すとジョギングプログラムが始まり、ウォーミングアップの最初に安静時の心拍数を測定します。その後、軽快なリズムのBGMが流れてくるので、そのリズムに合わせて走ります。初めはどの程度スピードを出していいか分からなかったためゆっくり走っていましたが、「リズムに合わせてもっと強く運動して下さい」と音声で指示されたので、少しピッチを上げて走ることにしました。

 ところが、1分もしないうちにBGMのリズムのテンポがさらに速くなり、再び「リズムに合わせてもっと強く運動して下さい」との指示が。早くも、いつもの私ではまず出さないスピードを強いられています。

 気がつくと、ウォーミングアップからエクササイズに切り替わっていて、自分が想像していた以上の速いテンポで走っていました。この状態でようやく「そのままの強さで運動して下さい」という指示が出ました。きっと、自分がきついと感じるくらいの有酸素運動を行わなければ脂肪を燃焼させる効果は少ないのでしょう。

 数分走ると、日頃の運動不足もたたってか、徐々に息苦しくなり、同時に脈拍が早くなってきました。すると今度は、私が辛くなり始めたことを察知して「もう少し弱く運動するのが理想的です」の音声指示が出ました。カラダトレーナーがリアルタイムで自分の心拍数を測定し、運動量を抑えるように調整してきたのです。

 最後はクールダウンを促すアナウンスが流れ、25分間のジョギングプログラムを終えました。 」

長くなってきたので、続きは次回に。 読んでねるんるん