ダイエットには、階段降り運動がいい?!

ひゃ〜、またまたビックリしました〜。

今まで、ダイエットには無酸素運動になる急な運動よりも、エアロビクスやウォーキングのような有酸素運動、あと、できないけれどわーい(嬉しい顔)、摂取カロリーを減らせばいいと思ってました。

あなたもそうじゃない?

ところが・・・

最新の科学情報で、どんどんひっくり返されます。

今日のNIKKEI BUSINESSに『究極のトレーニング 最新スポーツ生理学と効率的カラダづくり』という本について、書かれたんです。

ちょっと抜粋しますね。

無酸素運動は成長ホルモンの分泌を促進し、その成長ホルモンは脂肪分解を促す。だから、トレーニングの順序も大切になる。まず最初に無酸素運動で筋肉を鍛えてから、その後、適度な有酸素運動を行うのが効果的となる。逆は避けた方がいい。あとから成長ホルモンを出してもあまり意味がなく、効果が激減するのだ。これなど、知ると知らないとでは大違いだ。

うっそ〜exclamation&questionでしょ。爆弾

真逆をしてません? 私はしてました〜ダッシュ(走り出すさま)

だから、ずっとウォーキング続けてるのに、痩せなかったのかあせあせ(飛び散る汗) もうやだ〜(悲しい顔)

有酸素運動だけではなく、無酸素運動による筋肉増量が肝心となるのだ。

階段を利用して運動する気があるのなら、階段を上るのではなく下りるのがお勧めとなる。

他にも、こころとトレーニングの関係、老化、サプリメント、「太りやすい体質、やせやすい体質というのはあるのか」、最近流行の「加圧トレーニング」など、体や健康に関心のある人には興味深い話が満載である。

無駄な努力を続けても痩せませ〜ん。

要チェックの本みたいです。