食事3回とおやつ2回が最も太りにくい?

三つ子の魂よろしく、未だにおやつがやめられずにいます。ふらふら

3時(15時)はもちろん、朝の10時にもちょこっと食べたりしてたんですが、そんな私にとってすっごく嬉しい報告がありました〜exclamation

なんと、フィンランドの4000人の子供を対象に16年かけて行われた調査報告によると、「食事3回とおやつ2回」が最も太りにくいんですってダッシュ(走り出すさま) わーい(嬉しい顔)

健康体形を保つためには、この調査結果のように「こまめに分けて食べた方がいい」という説もあれば、「1日2食がいい」、「たまに断食するといい」なんて話もありましたが、ほんと嬉しい結果でするんるん

どんな調査かというと、サウスフィンランド大学が、4000人の子供が生まれた時から16歳になるまで、食事の回数、内容、生活習慣などを追跡調査したもの。

結果、「1日3回の食事と2回の軽食」の食習慣を持つ人が最もBMI(体形を表す指標で、低いほど痩せている)が低いことがわかったそうです。

でも、たとえ5回食べる習慣があったとしても、頻繁に朝食を抜くなどイレギュラーが多い場合は、BMIは高くなる傾向があるそうです。ちっ(怒った顔)

両親が太っている場合、子供も太っている傾向があることも明らかになりました。もうやだ〜(悲しい顔)
でもこれも、食習慣が「ご飯2回おやつ2回」パターンを守っている子の場合は、肥満率は低くなったそうです。

ってことは、肥満の親の子が肥満だったとしても、それは遺伝というよりは、親の不健康な食習慣の影響が大きいのではないかと考えられるのです。

締めに、『そう、おやつを食べていいんですよ!ただし、その分、昼食や夕食のカロリーを控えるよう調整してくださいね。』ですってあせあせ(飛び散る汗)

は〜い揺れるハート