下半身太りになるNG習慣とは

私、一見太ってると見られず、「痩せの大食い」とまで言われたことがあります。わーい(嬉しい顔)

ところが、足を見たとたん、「意外と・・・」と変化します。ふらふら

そう、まさに下半身おデブちゃんなのです〜。

ほんと、上半身だけだと、結構いい感じなんだけどなぁ・・・

どうしてこうなっちゃうのか?って思ったら・・・

やってはいけないNG習慣、2以外ぜ〜〜んぶやってましたあせあせ(飛び散る汗)

休み明けから、意識してお仕事しますexclamation×2

さて、そのやってはいけないNG習慣とは?

1ほとんど座りっぱなし
一日ほとんど座りっぱなし……という人は下半身太りを増長させてしまっています。
座っていることで鼠蹊部(足のつけ根)が圧迫され、血流やリンパの流れがせき止められてしまいます。
血行やリンパの流れが悪くなるとむくみやすくなり、そこに老廃物がたまり、脂肪や水分とくっついてセルライトになってしまいます。
1時間に1回以上は立ち上がり、屈伸をはじめとしたストレッチをしたり、鼠蹊部をさすって血流やリンパの流れを良くしてあげることが重要です。

2ランチは毎日デスクで済ませる
内勤の仕事をしている人が唯一外に出歩く機会がランチタイムです。
毎日持参したお弁当やコンビニのパンをデスクで食べていると、オフィスにいる間ずっと座っていることになってしまいます。
歩くと足の筋肉が動きポンプの役割をするので、血液やリンパの流れがスムーズになります。
お弁当を持参した日は、食後に少し散歩するなどして、歩く時間を作ることを意識するとよいでしょう。

3トイレの回数が少ない
美容のために水をしっかり飲む意識はしていても、一日中座ったままの体勢でいると基礎代謝が低くなり、トイレの回数も少なくなります。
飲んだ水分の量に対し、トイレの回数が少なくなると下半身がむくみ、脂肪へとつながってしまいます。
しっかり水分を摂って積極的にトイレに行くようにしたり、水分が排出されるように定期的に下半身のストレッチを取り入れたり、歩くことで基礎代謝を上げることがおすすめです。

4オフィス冷えを我慢する
これからはだんだん寒くなってきます。
暖房で温まっているように思えても、温かい空気は上へ上へと移動するために足元は意外と冷えているままということも。
足元の冷えを放っておくと下半身の血行が悪くなってしまいます。
冷えてきたなと感じたら、早めにストールやブランケットで温めたり、足元用ヒーターなどを使用するとよいでしょう。


反省ちっ(怒った顔)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。