アイスクリームって太りにくい?!

アイスクリームって、こんな暑い時期、恋しくって恋しくってしょうがなくなりません?

でも、アイスクリームを食べたら、太る! ダイエットの敵だ! メタボにもよくない!って思って、喉から手が出るほど食べたくっても、我慢されてるんじゃないでしょうか?

もし、そう思われてるのであれば、朗報ですよ〜exclamationわーい(嬉しい顔)

そもそも、太る太らないを決めるのは、炭水化物、糖分、脂肪分を体がどう分解するか、なんですね。

脂肪として蓄積されると太りますが、二酸化炭素として排出されたら太りません。

その鍵を握るのは、インシュリンです!

例えば、アイスクリームとリンゴ。

どちらが、カロリーが高いと思います?

聞くまでもないですよね。

ところが、どちらが太りにくいと思います?

なんと、アイスクリームだったりするんですよ〜exclamation×2

アイスクリームのカロリーは、リンゴの4倍なんですが、先ほど言ったインシュリン、これはGI値で表されるんですが、アイスクリームのGI値は、リンゴより低いんですダッシュ(走り出すさま)

にわかには信じられないお話ですが、本当なんですよ〜。パンチ

理屈としては、冷たいものを食べると内臓の温度が下りますよね、それを熱を出して体温を戻そうとエネルギーを消費するので、冷たいアイスクリームほどエネルギーを使い、太りにくくするってことなんだそうです。

嬉しいですね〜。わーい(嬉しい顔)

ついでながら、舌触りの滑らかなアイスクリームほど、空気を沢山含んでいるから、食べたと思ってる量よりも実際はボリュームが少なくなるそうです。

とはいえ、アイスクリームはアイスクリーム、高カロリーには違いありません。

ほどほどにしておきましょうねるんるん